ギャラクシ物置 ギャラクシー物置と同人誌の興隆 忍者ブログ
ギャラクシ物置は深く静かに熱い同人アニメのサイトで、お宝アニメやコミックの画像が格納されています。萌え系もさることながら、萌え系以上の、恋愛を超えたコンテンツが熱愛されています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ギャラクシー物置の作品群はマンガ同人誌にかかわる作品です。
ギャラクシー物置が人気となる背景には同人マンガの存在があるのです。

4年程前になりますが・・アニメの各種学校に勤めていた折、講師として働いていた
若手のマンガ家と会話の機会がありました。そのマンガ家いわく、「これからは同人だ」とのこと。

時を経て、ギャラクシー物置の背景となるマンガ同人誌は興隆を極めてきたようです。
ギャラクシー物置の存在が若手マンガ家の洞察を証明することとなりました。

マンガ創作についてのコメントです。
ギャラクシー物置の作品群が秀逸であるように、ギャラクシー物置と関係ない作品群についても、
精魂込めて欲しいと思われてなりません。

以下に関連記事を掲載します。

【関連記事】
以下、同人誌について、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

現在、特に同人出身者を中心とする現役のプロの漫画家やゲームの原画担当者には、
平行して同人活動を行っている者がかなりの割合で存在している。特に漫画業界では
プロと同人の境界線が年々曖昧になり、現在では商業誌にも載る同人作家という
実態の者も少なくない。また、コミックマーケットなど大規模同人イベントの時期が近づくと、
同人誌作りに注力し過ぎて、商業誌の原稿を落したり完成度の低い、場合によっては
全く未完成の作品を商業誌に平気で掲載してしまうという、プロの作家を名乗って活動
している身としてはおよそ本末転倒といえる事態を引き起こす職業漫画家も近年は
少なからず見られており、この結果として編集部や漫画家が同人活動に興味を持たぬ
ファンからの批判にさらされる事も珍しくない。挙げ句には、「コミケで同人誌を
沢山売る為には知名度を上げる事が必要で、その知名度を稼ぐ事だけを目的にプロとして
商業ベースでの仕事もしている」と公言憚らない者まで現れており、コミックマーケット向け
同人誌製作の時期には商業誌の仕事を断るという者もいる。また、特にコミックマーケットの
同人誌と締め切り時期が重なる号(多くは1月と8月下旬~9月の発売号である)について、
作品休載やページ数減が頻出したり、掲載作品の質が目に見えて低下するコミック雑誌
も見られている。

以上、同人誌について、出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8


【サイトマップ】

ギャラクシ物置のトップへ

ギャラクシー物置とは

ギャラクシー物置の名称

ギャラクシー物置と同人誌の興隆

ギャラクシー物置の作品 Ⅰ 

ギャラクシー物置の作品 Ⅱ

ギャラクシ物置

ブリーチ画像

ブリーチ 夢小説とは

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク
最新コメント
忍者ブログ [PR]